エアコンを分解して洗浄する方法!徹底的にクリーニングするメリットや注意点など紹介します

クリーニングしたことがない?エアコンを分解して洗浄する方法

エアコンを購入してから、一度もクリーニングしたことがない人って、実は意外と多いのではないでしょうか。

「エアコンから流れる風が臭う…」このような症状が現れたら、分解洗浄するサインです。目には見えませんが、エアコンの内部は汚れでいっぱい!

しかし、カバーを開けてみると複雑な構造をしていることから、自分で分解できるのか不安ですよね…。

そこで今回は、エアコンの分解方法や洗浄について詳しく紹介します。

この記事で分かること

  • エアコンの分解は自分でできるのか
  • エアコンの分解範囲
  • 家庭でできる分解洗浄の方法
  • エアコンを分解洗浄するメリット
  • エアコン分解の注意点

エアコンは自分でも分解できる?どこまでOK?

エアコンって自分で分解できるものなの?
エアコンの外観はシンプルですが、カバーを開けてみると構造はとっても複雑!キレイにお手入れしたくても、どこまで分解していいのか悩みますよね。

自分で分解できる範囲は、次の3つです。

  • カバー
  • フィルター
  • ルーバー

メーカーによって違いますが、カバーやルーバーはネジで本体に取り付けられているケースがあります。ネジを外すときは元通りに組み立てられるように、ネジ穴付近に養生テープで貼り付けておくとわかりやすいですよ。

また、分解したエアコンを元通りにできるか心配なときは、スマホや携帯のカメラで撮影しておくと悩まずに済むのでお勧めです。

自分でできるエアコンの分解洗浄方法

これがあれば大丈夫!自分でできる分解洗浄方法
エアコンの分解ができたら、洗浄をしていきましょう。キレイにする前に、掃除道具をすべて用意しておくと効率よく作業が進みますよ。

準備するもの

準備するもの
  • 脚立
  • 大きなバケツ
  • 養生テープ
  • 新聞紙
  • ビニールシート
  • タオル(汚れてもOKなもの3枚ほど)
  • 洗剤(中性洗剤と柔軟剤)
  • 掃除機(ブラシノズル)
  • 使用済み歯ブラシ

エアコンを分解すると周辺が汚れるため、ビニールシート(なければ45Lゴミ袋をカットしてシート状にする)用意しておくと、床や壁が汚れません。

エアコンを分解洗浄する方法

エアコンの分解洗浄は、8ステップでできます!

エアコンの分解洗浄の流れ
  1. 床や壁を養生
  2. コンセントを抜く
  3. フィルターの裏表を掃除(歯ブラシで目地汚れを除去)
  4. ルーバーを掃除機→乾拭き
  5. カバーを乾拭き→水拭き
  6. 熱交換器の表面を掃除機で吸う
  7. 分解した部品の取り付け
  8. 内部を乾燥させて完了

分解した部品は水を使って洗浄できますが、熱交換器は故障する可能性があるため避けた方がいいでしょう。

詳しくは「エアコンクリーニングは自分でできる?掃除の手順と失敗しないポイントを解説」で解説しているので、チェックしてみてください。

https://toshiba-tsos.co.jp/by-myself/

エアコンの分解洗浄の頻度

エアコンの分解洗浄は、ちょっと面倒ですが月1回ペースでおこなうのが理想的です。

フィルターの分解は簡単なので、フル稼働するシーズン中は1~2週間に1回のペースで洗浄しましょう。

エアコンを分解洗浄するメリットは?

正直大変…でも分解洗浄するメリットは?
エアコンの分解洗浄は、どんなに簡易的に行っても30分~1時間かかります。時間の確保ややる気がない限り、後回しになりがちですよね…。

でも、エアコンの分解洗浄をすることで、健康や家計にメリットがたくさんあるとしたらどうでしょうか?

エアコンの分解洗浄するメリットを、チェックしていきましょう。

カビや生乾き臭から開放

エアコンのフィルターや内部に溜まった汚れを洗浄することで、カビ臭さや生乾きのニオイから開放されます。

見た目ではとってもキレイに見えるエアコンですが、内部は熱交換するために水分が発生するため「カビでびっしり!」なんてケースは珍しくありません。

カビの生えたエアコン内部から風が部屋の中を循環…、想像すると気持ち悪いですよね。

エアコンが本格的に稼働するときに嫌なニオイを感じるケースが多いのですが、あの不快感を解消できるのでシーズンオフには必ず、分解洗浄をおすすめします。

アレルギーや肺炎から守る

エアコンの分解洗浄はカビだけではなく、ホコリや花粉もキレイに取り除くため、キレイな空気が部屋を循環します。

エアコンフィルターに溜まった花粉が部屋を舞わないため、くしゃみや鼻水といった症状が緩和します。また、カビの胞子を知らずに吸い込んでいると、アレルギー性の肺炎を引き起こす可能性があります。

とくに、花粉症や鼻炎で悩んでいる人や小さな子供のいる家庭は、定期的にエアコンの分解洗浄をすると安心ですよ。

冷暖房の効率アップ

エアコンのフィルターやルーバーに詰まった汚れを洗浄すると、熱効率が良くなり冷暖房の効きがアップします。

実際にエアコンの分解洗浄をする前とした後を確認するとわかるのですが、多くの家庭で「風が強くなった」と実感しています。

熱交換器やフィルターといった部品に汚れが溜まりやすいので、家庭でできるお手入れの範囲だけでも洗浄すると快適に過ごせますよ。

電気代を節約できる

冷房暖房の効きが悪くなると、設定温度を夏は低く冬は高くするため、熱エネルギーを一気に消費します。

エアコンの分解洗浄をすると冷暖房の効率がアップすると同時に、設定温度をいつもより低くしても快適なので、電気代が節約できますよ。

エアコンをフル稼働する時期になると「一ヶ月の電気代が数万円!」というケースもあるので、そんなときは、ぜひ分解洗浄してみてください。

エアコンの故障率が減少

エアコンの寿命は平均10年といわれ、使う頻度が多いほど故障が早いです。ただし、この寿命はエアコンの分解洗浄をこまめにおこなっているのかも重要ポイントです。

エアコンのフィルターや熱交換器にホコリやカビが付着していると、熱が内部に溜まり故障リスクを高めます。

フィルターの洗浄は1~2週間に1回、全体の分解洗浄は月1回をペースにおこなうと故障率の減少につながりますよ。

エアコンの分解洗浄の注意点!失敗すると命に関わることも…

扱い注意なパーツも…!エアコンの分解洗浄の注意点
家庭でも部分的なパーツならエアコンを分解できます。また、普段使っている掃除道具や洗剤で洗浄できるので、手軽にできるのは魅力的ですよね!

でも、間違った方法や適当に分解してしまうと、命に関わる危険性もあります。

エアコンの分解洗浄をする際は、次のポイントに気をつけてください。

熱交換器のプレートは鋭利

自分でできるエアコンの分解は、カバーやフィルター、ルーバーのみです。内部にある熱交換器の分解も自分でできないことはありませんが、プレートは鋭利なため手を切る可能性があります。

知らずに手でベタベタ触ってしまうと、サクッと指を切ってしまうので注意しましょう。

漏電や火災の可能性

エアコンの分解洗浄を間違うと、漏電する可能性があります。とくに、水を使って洗浄しようとしている人は注意!

エアコン内部にある電子制御部分に水分が侵入すると、漏電する危険性があります。知らずに放置しておくと、火災を引き起こすケースもあるため、分解洗浄する際は取り扱いに気をつけなくてはいけません。

エアコンの消費電力が高まる

エアコンの分解洗浄で漏電しているのを知らずに放置していると、電気代が高くなります。漏電とは、本来使われるはずの電気が外部に漏れている状態です。

古いエアコンでない限りアース線を設置するため漏電の可能性は低いのですが、劣化や絶縁処理に傷が付いていると地面へ電気が流れず漏れてしまいます。

エアコンを分解方法を間違えると、消費電力が高くなるので気をつけましょう。

感電により命の危険性あり

エアコンの分解洗浄で、一番注意してほしいのが感電です。

エアコンが漏電していることを知らずに触れると、ビリっと全身に電気が走り感電します。汚れが一番ひどい熱交換器の分解は、感電リスクが高いので注意!

また、エアコン洗浄スプレーが市販で売られていますが、取り扱いを間違えると感電する可能性があるので気をつけてください。

エアコンの分解洗浄は業者へ依頼した方が安心

エアコンの分解洗浄は業者へ依頼した方が安心
エアコンの分解洗浄は簡単そうに見えますが、一歩間違えると命の危険性があります。手の届かない範囲や故障リスクが心配なときは、業者へ依頼することをおすすめします。

業者によるエアコンクリーニングは、専門技術と知識を得たスタッフが対応するので安心です。また、自分では難しい高圧洗浄で内部のカビを完全に取り除くため、汚れ残りの心配がありません。

業者によって、コーティングや室外機の洗浄など、オプションサービスも用意しているので、徹底的にキレイにできますよ。

工事の作業時間は約1時間~2.5時間で終わるため、大きな負担なく依頼できるのも魅力的です。

まとめ|エアコンの分解洗浄は知識と技術が必要

エアコンの分解洗浄は知識と技術が必要
エアコンの分解洗浄を自分で行う場合は、故障や感電リスクのない範囲でおこなうように注意しましょう。

例えば、フィルターなら簡単に取り外せ、組み立ても簡単にできます。フィルターはホコリが付着しやすいので、定期的な洗浄が理想的!

「エアコンの分解洗浄は大変そう」「長く使い続けたい」と思ったときは、業者にエアコンクリーニングを依頼する方が早いでしょう。料金が気になる人は、一度見積りや相談をしてみてはいかがでしょうか。

関連記事